通販で抗うつ剤を買う
  1. 抗うつ剤は通販でも買える   >  
  2. 抗うつ剤の選び方

抗うつ剤の選び方

色々な種類の抗うつ剤

抗うつ剤とひとことで言っても、さまざまな種類があるのをご存知でしょうか。抗うつ剤は大きく分けて下記の4種類があります:

・三環系抗うつ剤(TCA)
・四環系抗うつ薬
・選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRI)
・セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬(SNRI)

TCAは種類の中ではもっとも古いもので、1950年頃から存在しています。効果が強すぎるという特徴があり、その反面副作用のリスクも高いのが指摘されています。最近では安全性の高い抗うつ剤が次々と登場しているため、TCAはほとんど使用されていないのが現状です。

四環系抗うつ薬はTCAのリスクを低くするために開発されたお薬の種類です。四環系抗うつ薬では、セロトニンではなくノルアドレナリンを増やすことで効果を発揮します。TCAに比べて効果が現れるまでの期間が短いといった特徴を持っています。

選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRI)はジェイゾロフトが代表される種類であり、脳内で放出されたセロトニンが元の細胞に戻ってしまうことがないように阻害することで脳内のセロトニンを増加させる働きを持っています。選択的セロトニン再取込み阻害薬(SSRI)は、効果と副作用のバランスが取れており、効果が高いのですが副作用のリスクは低いといった特徴を持っているのです。

セロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬(SNRI)は脳内のセロトニンとノルアドレナリンの濃度を高める働きを持っています。セロトニンだけに作用するSSRIと比較してセロトニン・ノルアドレナリン再取込み阻害薬(SNRI)は、ノルアドレナリンにも作用するため、重いうつ症状や不安障害の治療に使用されることが多いのです。

このように、抗うつ剤にはさまざまな種類が存在します。